船舶の自動運航化への潮流

  

ここで表現された意見と意見は、元の著者または投稿者のものです。これらの見解や意見は、必ずしもUK P&Iクラブのものではありません。

2017年9月に開催されたロンドン国際海運週間(LISW)で最も議論されていたトピックである「船舶の自動運航化」についての考察をご紹介します。

船舶の自動運航の取組みはすでに選択肢ではなく差し迫った出来事です。もはや、できるだけスムーズにデジタル革命に移行するということが私たちに課せられています。熟考して分析すべきことは多く、長年見てきた以上に沢山の「未知のもの」があります。

人間は本来変化を嫌うもので、知っていることの中で心配したり快適さを求めるのは私たちの本質です。しかし、そんな時代は終わり、、、驚くべき速さで、これまでの快適ゾーンから飛び出していっており、それを追いかけ続ける必要があります。

ロールス・ロイスのオスカー・レヴァンダー(Oskar Levander)は最近の講演の中で「変化は混乱している」と語りました。船主の多くは、最初に未知の地域に飛び込むことは、まずありませんが、他の人がテストするのを待つことでしょう。私たちは過去の記録がほとんどない新しい時代に移行しているため、過去の事実に頼らずに何が起こるかを予測しなければなりません。近未来の新造船の背後の人々やそれに続く規制と法律には、多くの信頼を寄せています。


                

これは果てしない時間になるかもしれませんが、それはまた非常にエキサイティングなことです。今後他に素晴らしい話題がなければ、彼らの他に誰がデジタル船の最前線にいたと言えるでしょう? 孫の世代は非常に感銘を受けるでしょうね。

海運業は昔から状況の変化に対応してきたビジネスです。事故が起こってから新しい法律、規則やルールが作られます。これはエクソン・バルデス号のような海難事故を考えると分かります。しかし、われわれは勇敢に難局に立ち向かう必要があり、この技術の時代にもっと積極的なアプローチをとる必要があります。議論し、討論し、分析し、全面的な合理化を図る必要があります。

われわれが知っている従来の業界に別れを告げる時代であり、テクノロジーによって支配されている新しい海運の時代を歓迎します。

海運業の将来についてのあなたはどんな予測をしていますか? @UKPANDI.で私たちにTweet してください。

Rate this article:

Submitting your vote...
Rating: 3.8 of 5. 4 vote(s).

About the Author:

船舶の自動運航化への潮流

Claims Executive

Laura has been with Thomas Miller since 2012 and in her current role as a claims executive since 2014.  Laura has since worked exclusively with the German membership and handles a variety of P&I Claims.  In particular, Laura specialises in handling container claims, and has expanded her knowledge through a structured training programme particularly focusing on speciality reefer containers.


Follow us: @UKPandi

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.