All circulars issued since 1995 are to be published here.  The content of these circulars can be searched using the search bar below.

A broader search of other Club publications and other materials can be made in the "Knowledge and Developments" section of this website.

Date: 11/07/2017
Download:
BIMCO及びISCO(The International Spill Control Organisation)は、汚染事故対応サービス業者と資機材を調達する際に使用すべき2つの標準契約書式 「RESPONSECON」及び「US RESPONSEDCON」を策定したことをお知らせします。
STOPIAおよびTOPIAは発足から10年目にあたり、船主側と油受取人関係者が参加して見直しが行われました。
Date: 01/02/2017
Download:
2017年1月30 日の理事会において、保険約款第5条E項ただし書に従いメンバーに提供しているP&I戦争危険特別担保の枠組みにつき検討が行なわれ、2017 年1月30 日付理事会決議文に従い、2017保険年度もメンバーに同担保を提供することを決議しました。
Date: 16/01/2017
Download:
China has ratified the Nairobi International Convention on the Removal of Wrecks 2007 and the Convention will enter into force in China from 11 February 2017.  The Chinese MSA published a notice on the application procedure for WRC Certificates.
ルール改訂案と理事の報酬。バミューダにおいて2017年1月19日に開催予定の、特別総会に係る添付通知をご参照ください。
Date: 14/12/2016
国際グループが締結する超過再保険契約の2017保険年度再保険料率が発表されました。
Date: 13/12/2016
Download:
2017保険年度は、各クラブが保有するクレームの限度額(Club Retention)は1,000万米ドルに据え置かれ、国際グループのプール限度額(Pool Retention)も8,000万ドルに据え置かれました。国際グループのキャプティブ「ハイドラ」による再保険は継続され、各クラブの再保険料拠出により基金が賄われています。この再保険料は国際グループの再保険料率に含まれています。
Date: 21/11/2016
Download:
2017保険年度のジェネラル・インクリースはありません。2015保険年度の年間保険料の3%を減額します。2017保険年度の標準免責金額は一事故あたり12,000米ドルとなります。国際グループの再保険コストの増減分は別途調整されます。今回の理事会決議にいたったクラブの財政的背景については、本回覧と共に発行しました「Autumn Review 2016」にて詳しくご説明しています。
Date: 21/11/2016
Download:
年次総会の決議事項は採択されました。メンバー委員会に新しい理事が選出されました。UKクラブのガバナンス組織体制の変更案はメンバーに承認されました。
Date: 07/11/2016
本回覧は、2016年11月19日の9時よりチューリッヒで開催される当クラブの年次総会及び委任状による投票手続きについてお知らせするものです。 
Date: 07/10/2016
Download:
本クラブ回覧は、2017年1月に発効する改正海上労働条約のもとで船主が満たすべき金銭的保証の要件に対する当クラブの対応について、詳細をお知らせするものです。本回覧には「よくある質問(FAQs)」を添付しています。本クラブ回覧は、クラブ回覧13/16、10/13及び08/13を参照しています。 
Date: 15/01/2015
Download:
2015年1月15日に開催されたUKクラブ特別総会の決議事項(クラブ回覧15/14)は採択されました。
Date: 28/01/2014
Download:
国際グループは、6カ月の制裁緩和期間に生じる責任に対してP&Iクラブが提供できる保険てん補の範囲を明確にするべく関係当局に確認を求めています。 様々な責任の中には、6カ月期間の終了(2014年7月20日)の後になって、具体化し、表面化する場合があります。制裁の一時緩和期間に生じたクレームであっても、2014年7月20日以降に保証状(Letter of Undertaking)を求められた場合に、クラブは保証を提供できないことがあります。当クラブは、イラン原油、石油及び石油化学製品を2014年7月20日以降に運送する契約を締結しているメンバーには、ブルーカードを発行できないかもしれません。イラン原油、石油及び石油化学製品の運送契約を締結する前に、当該保険てん補につき当クラブへご相談されることを強くお勧めします。
Date: 09/01/2014
合衆国寄港時にかかるタンカーの追加保険料は徴収しないこととなったため「合衆国油濁条項」は削除されます。本クラブ回覧は、08/12及び04/13を参照しています。
Washington State Maritime Co-operative(WSMC)はその契約書を改訂しました。改訂版は国際グループ(IG)のVRPガイドラインに沿ったものとなりました。 National Response Corporation (NRC) もまた、ワシントン州認可で、IGガイドラインに沿った緊急対応計画書を提供しています。 両社の登録書式は本回覧に添付しています。 本クラブ回覧は、Circular 17/13を参照しています。
アラスカ西海域を航行する、タンカー以外の船舶に対するAlternative Planning Criteria (APC)がwww.ak-mprn.orgにて発表されました。また、連邦VRP認可プログラムに対応するためのAlaska Chaduxとの契約は、これまで発表されていた2013年12月30日に終了するのではく2014年1月30日に終了することとなりました。 US Coast Guard (USCG)は、2014年1月30日のVRP施行日は延期しないと確認しています。UACGは、最低限の遵守情報を提示すれば、6か月の猶予許可書(IOA: Interim Operating Authorization)を発行します。本クラブ回覧は、タンカー以外の船舶所有者が2014年1月30日までにUSCGにVRPを提出する必要があることをお伝えした12/13, 14/13, 18/13 および 19/13のクラブ回覧を参照しています。 
Date: 09/12/2013
Download:
第2回目のVessel General Permit(VGP)が、2013年12月19日に発効し、最初のVGPに取って代わることとなります。船舶は、2013年12月12日まで、あるいは継続的にVGP適用を受けるために、排出の7日前までにNotice of Intent(NOI)を提出しなければなりません。なおNOIは、米国環境保護庁(EPA)の電子NOIシステムを通して提出する必要があります。NOIの提出期限および排出許可日は、本クラブ回覧のAnnex IIをご参照ください。
本クラブ回覧は、クラブ回覧18/13を参照しています。MSRCおよびNRCの契約書は本クラブ回覧のウェブサイト版に添付しています。コースト・ガードは、タンカー以外の船舶の油濁事故対応計画書(NTVRP: Non Tank Vessel Response Plans)に関するFAQsを発表しています。 
Date: 29/11/2013
Download:
国際グループ・クラブは、MSRC及びNRCと締結している既存の包括契約(retaineragreement)を打ち切ることとなりました。今後、タンカー以外の船舶オペレーターはMSRCあるいはNRCと直接契約を締結していただく必要があります。MSRC及びNRC両社は、現在、国際グループ・ガイドラインに沿った油濁事故対応契約書を提供しています。MSRCは油濁事故対応契約書の分散剤使用に関する付属書(dispersant addendum)を取り下げたため、追加保険は必要なくなりました。 NRCは付属書なしで契約する支払オプションを用意しており、それによる追加責任を回避することができます。
Date: 12/11/2013
Download:
本回覧は、ワシントン州に寄港する船舶に関するものです。300総トン以上の全ての船舶及び全てのタンカーは、油濁事故緊急対応計画書をワシントン州に提出することが求められます。 Washington State Maritime Co-operative (WSMC)の包括的緊急対応計画書は、国際グループのガイドラインに沿ったものではありません。また、National Response Corporation(NRC)の包括的計画書は2013年11月1日付でワシントン州の承認を得ました。NRCの緊急計画書は国際グループのガイドラインに準拠しています。ワシントン州の別の要求事項であるEmergency Response Towing Vessel(ERTV)サービスへの登録は現在も必要です。国際グループの全てのクラブは同様のクラブ回覧を発行しています。 
Date: 30/10/2013
Download:
2014保険年度のジェネラル・インクリースは10%と決定しました。標準免責金額は、8,500米ドルに引上げられました。国際グループの再保険コストの増加分は別途調整されます。
Date: 30/10/2013
Download:
2013年10月28日にバミューダで開催された年次総会において、監査及び承認済みの2013年2月20日終了年度にかかわる財務報告書、監査及び承認済みの2013年2月20日終了年度にかかわる財務報告書が採択されました。また6人の新しい理事が選任されました。
Date: 16/10/2013
Download:
タンカー以外の船舶(Non-Tank vessels)で、2,500バレル以上の油を積載可能な船舶の所有者は、救助業者及び海上消火資材提供業者と資金協定を締結しなければなりません。
Date: 01/10/2013
Download:
タンカー以外の船舶で、米国に寄港する船舶の所有者は、2014年1月30日までに油濁事故対応計画書(VRP)を提出することが求められます。国際グループでは、新たな要求事項について検討していますので、詳細は追ってお知らせします。 
Date: 07/06/2013
2013年6月7日付で、クラブのハイブリッド資本性債券(永久劣後債)にかかわる新条項が合意されました。新条項は、同債権保有者の同意要請手続きにより決定しました。本同意要請手続きの詳細は、クラブ・ウェブサイトをご参照ください。 
Date: 24/05/2013
Download:
国際グループは、船主の破綻や本条約で定めるその他状況での船員の送還費用について、P&Iの標準てん補範囲とすることを合意しました。
Date: 05/03/2013
Download:
国際グループは2つの電子商取引システムBolero (www.bolero.net) 及び ESS (www.essdocs.com)の下で行われた貨物運送に関して生じた責任をてん補することを承認しています。今回、ESS商取引システムの新バージョンDSUA2013.1が新たに承認されました。クラブ・ルールにおいて紙ベースシステム上、従来から免責となっている事柄は電子商取引システムについても同様となります。電子商取引システム利用者は、P&I保険以外の追加てん補が必要となるリスクを負うことがあります。本回覧はクラブ回覧16/10を参照しています。 
Date: 05/03/2013
Download:
国際グループは、傭船契約に挿入すべき油濁補償条項を改訂しました。本改訂版は、Contributory Faultにおける係争費用及び補償に関する2項目を改定しています。本条項は、最近適用されたオーストラリア新油濁法に呼応して作成されたものです。 (Legal Briefing - Australia toughens Maritime pollution laws - December 2011参照) 改訂条項と解説は回覧に添付しています。本回覧はクラブ回覧14/12に代わるものです。 
Date: 24/01/2013
Download:
当クラブのロンドンにおける組織再編は2013年2月20日に行われます。組織再編に影響を受けるメンバーは、保険金請求に関わる連絡先名称が変更いたしますので、ご承知おき下さい。欧州経済領域(EEA)に居住のメンバーは、各国法令の下で保険契約を解約する権利があります。本クラブ回覧は、2012年9月3日付で発表しました「保険契約者への通知」に関連しています。 
Date: 07/01/2013
The Club’s latest Circular 21/12 announces a Special General Meeting to be held on 22nd January 2013 in Bermuda.  The circular includes the meeting papers and a proxy form that which enables Members to cast their vote on the three resolutions proposed at that meeting.
本クラブ回覧は、前回の回覧17/12中華人民共和国「船舶による海洋汚染防止及び管理規則」を参照しています。回覧17/12で予測していた海事局通達は未発表ですが、実施細則の改定を受けて「よくある質問(FAQs)」を更新し本回覧に添付いたします。新しい海事局通達により添付FAQsに変更が必要となれば、FAQsを再度更新して次回の回覧でお知らせします。回覧17/12に添付しました国際グループ(IG)の標準契約書が修正されましたので、本回覧に添付いたします。 
Date: 24/09/2012
Download:
船客に対する賠償責任に関するEC規則(PLR)は2012年12月31日に発効します。PLRは、EUあるいはEEA加盟国に登録あるいは寄港する船舶で船客定員が12名を超える全ての船舶に適用されます。アテネ条約で規定する船客1名あたりの責任限度額25万SDRの付保証明がPLR施行により必要となります。クラブは2012年12月31日までに、船主が旗国証明書を申請するために必要な、戦争危険を除く付保証明(non-war Blue Card)を発行いたします。国際グループ加盟のP&Iクラブでは、基本的に戦争危険の担保を提供していません。戦争危険の付保証明(war risks Blue Card - 戦争危険ブルーカード)に関わるPLRの要件を満たすための代替手段については、現在国際グループ内で検討しています。進展があり次第お知らせいたします。
Date: 08/06/2012
Download:
本回覧は、米国向けタンカーに関わる追加保険料の50%割引の適用に関する2012年1月発行のクラブ回覧01/12を訂正するものです。持続性油を貨物として荷積み、荷降ろしする合衆国航海に適用される追加保険料率の50%割引は、クラブ回覧01/12でお知らせしたLOOP及び4つの指定水域のみに限定しないこととなりました。この割引は、USCG認可の瀬取り水域全域にクラブ回覧01/12以前と同じ基準(1000総トン以上のタンカー料率の半額)が引続き適用されます。 
Date: 01/06/2012
Download:
インドネシアあるいはフィリピンの港よりニッケル鉱を運送するメンバーは、速やかにクラブに通知していただく必要があります。万一通知していただけない場合には、保険てん補に差し支えが生じることがあります。本回覧は、クラブへの通知が必要な項目を列挙しています。この情報は、不正確な貨物申告書などの特殊な問題を抱える地域や港、荷主等を特定するために集められます。IMSBCコードを遵守する義務は、メンバーの責任であることには変わりありません通知義務のある貨物はインドネシアとフィリピンから積載されるニッケル鉱のみであり、その他のバルク貨物には適用されません。 
Date: 22/02/2012
Download:
制裁対象国と合法的に取引ができるメンバーは、P&I事故が生じた場合、経済制裁によりクラブの保険保護力が制限されるかもしれないという事をご承知おきください。下記に記載したルール第5条V項(制裁の危険)を再度ご確認ください。メンバーはクラブのウェブサイトで公表している助言に従っていただくことに加え、その航海が、合法的であるか、また保険てん補が可能であるかを自ら見極めていただく必要があります。
Date: 18/10/2011
Download:
組合員各位、 UKクラブ年次総会報告 2011年10月17日に開催された年次総会において、2011年2月20日終了の財務報告書は監査承認の通り、採択されました 任期満了の理事のうち、再選の意向を示した理事はすべて再選されました。また、下記の理事が新たに選任されました。 Mr. I.Güngen,Güngen Maritime &amp
Date: 18/10/2011
Download:
アウトライン2012保険年度のジェネラル・インクリースは3 %と決定し、国際グループの再保険コストが別途調整されます2012年度の標準免責金額は、6,000米ドルに引上げられました。勘定未閉鎖年度(2009年から2011年度)の解除保険料は引き下げられました。今回の理事会決議に至った財政的背景については、「<link...
Date: 26/09/2011
Download:
第42回UKクラブ年次総会は2011年10月17日(月曜日)午前9時、アテネ(The Westin Athens - Astir Palace Resort, Vouliagmeni, Athens)において開催します。
Date: 26/08/2011
新たなUSコーストガードの要求事項として、タンカーの油濁事故対応計画書(VRP)は分散剤の空中散布の出来る漏油清掃業者(OSRO)を記載しなければなりません。MSRCはタンカーのサービス・アグリーメントに、米国VRPに関する国際グループのガイドラインに沿っていない事柄を補償する内容の「分散剤散布についての付属書」(dispersant addendum)を追加しました。追加の保険カバーについてはクラブ管理者から手当できます。現在のところ、NRCは上記のような付属書は追加されていません。
Date: 26/08/2011
Download:
インタークラブ・アグリーメントは、船主と傭船者の間で、貨物クレームの責任割合を決める方法です。本アグリーメントは近々双務契約の原則に基づく改定がなされ、傭船契約の一方の当事者が貨物クレームを支払うことを条件としないで、他方に対して同等の担保提供を求める権利を認める規定を導入します。この改定は、契約当事者である船主と傭船者の間の協力を推し進め、貨物クレームに関わる紛争に費やす時間とコストを削減します。本改定アグリーメントは2011年9月1日より発効します。当クラブは今後、全てのNYPE及びAsbatime書式の定期傭船契約に本改定を摂取していただくようお勧めします。 
Date: 05/08/2011
Download:
すべての認可業者リストは2011年10月に発表されることになりました。国際グループは、海外オペレーターが発行する承認書のスタンダード・フォームの策定を検討しています。メンバーは認可業者リストが明らかになるまで、油濁清掃業者と契約を締結するべきではありません。本クラブ回覧は、以前発行したクラブ回覧07/11、26/10、14/10、15/09、12/09を参照しています。2010年7月発行のlegal Briefing「中国海洋汚染防止法」では、本規則の概要を説明しています。
中国の新海洋汚染防止法に関し、発表が待たれていた諸規定が発表されました。認可清掃業者との契約要求事項が強制的に実施されるのは2012年1月1日以降です。メンバーは認可業者リストが明らかになるまで、清掃業者と契約を締結するべきではありません。契約書のひな型は、別紙に添付しています。本クラブ回覧は、以前発行の26/10、14/10、15/09、12/09を参照しています。2010年に発行したLegal Briefing誌「中国海洋汚染防止法」では、本規則の概要を説明しています。 
Date: 12/05/2011
Download:
2008保険年度はさらなる予定外保険料なしに勘定を閉鎖しました。クラブの自由準備金及び資本金は4億7800万米ドルとなり、トン当たり4.5ドルを超えました。投資収支は6900万ドルで、総資産は16億ドルとなりました。コンバインド・レシオは98%です。 
Date: 28/04/2011
最近、多くの国際グループ・クラブで、傭船者が特にコンテナ船の傭船契約にある条項を入れる事を求めていることがわかりました。下記の理由により、この条項は船主のP&I保険のてん補を侵害する可能性があるため、このような契約を締結することによる結果を考慮せずに傭船契約書に合意するべきではありません。
Date: 22/02/2011
米国における油濁事故対応計画書 (VRP)2008年12月31日付救助及び海上火災活動に関わる最終規則の要求事項準拠期限は2011年2月22日 
Date: 17/02/2011
This book contains the Club’s 2011 Rules and Bye-Laws, full contact details for the managers worldwide and the latest contact details for the Club’s correspondents. The information is available in a single pdf and also in...
Date: 08/02/2011
Download:
2011年度クラブ・リテンションは800万ドルに据え置かれました。2011年度のプール限度額は、6,000万ドルに引き上げられました。船主の油濁クレームは、ルール第5章B項ii に従い、引き続き10億ドルを限度とします。P&I戦争危険及び合衆国航路追加保険料については01/11及び02/11で別途お知らせします。用船者P&Iカバーについて1億ドルを超える部分についてのクレームは、再保険者から回収できる金額を限度とします。 
Date: 08/02/2011
Download:
P&I戦争危険特別担保の限度額は2011年も引き続き5億米ドルとなっています。生化学兵器等によるクレームは引続き除外条項となっていますが、P&I責任に関する乗組員のリスク及び訴訟関係費用についての生化学兵器等リスクは、3,000万米ドルを限度額として追加担保されます。これら担保のある部分は、2007年再承認法(TRIRA)により改正された2002年米国テロリズム危険保険法の要件に準拠しています。 
Date: 08/02/2011
Download:
持続性油を輸送するタンカーの合衆国航海にかかる追加保険料システムは2011年度も継続されました。 保険料率は12.5%引下げられました。 
Date: 01/02/2011
Download:
アウトライン最近の死傷事故により、貨物の液状化によって船舶が復元性を失うという危険性が注目されています。インドネシア及びフィリピンから輸出されたニッケル貨物は、過剰に水分を含みやすく、そのために液状化し不安定になりやすい貨物として認識されています。
Date: 28/01/2011
Download:
As members may be aware in October and November 2010 three vessels the ‘Jian Fu Star’, ‘Nasco Diamond’ and ‘Hong Wei’ sank during the carriage of nickel ore from Indonesia to China with the loss of forty four seafarers
Date: 28/01/2011
Download:
1990年合衆国で施行が見込まれていた油濁法に対応して、船主は傭船契約書上、油濁に関する賠償資力責任確認書(COFR)について、将来予見できない要求事項に応じることを保証すべきでないという内容を盛り込んだ推奨油濁条項がクラブ回覧で発表されました。
Date: 20/01/2011
2011年1月20日にバミューダで開かれた特別総会の決議事項(クラブ回覧25/10)は採択されました。 
Date: 18/01/2011
Download:
組合員各位中華人民共和国 「船舶による海洋汚染防止及び管理規則」 前回クラブ回覧14/10にて、中華人民共和国の新しい「船舶による海洋汚染防止及び管理規則」(以下、本規則)について、a)汚染性有害貨物を運送する船舶あるいは
Date: 10/01/2011
アウトライン2011年1月20日にバミューダにおいて特別総会を開催します。本総会の目的は、当クラブのルール改定案及び監査人の変更案の審議です。本総会の資料は添付されています。アクションメンバーは本会議開催の12時間前にクラブ事務局あてに委任状をお送りください。
Date: 01/01/2011
Download:
アウトラインこの回覧は「ブルーカード」発行に関する手続きの標準化を促進するために、国際グループ及びIMOが実施する措置についてメンバーの皆様にお知らせするものです。UKクラブは国際グループの全クラブと同様、PDF電子ファイルで発行したブルーカードを個別に照合するための専用ウェブサイトを立ち上げます。
組合員各位、欧州委員会の国際グループ・クラブに対する調査 2010年8月26日、欧州委員会は国際グループに加盟のP&Iクラブ間で行われている協定につき、EU競争法に基づく調査を開始すると発表しました。同委員会は国際グループに対し、保険料率開示手続き(Quotati
Date: 21/12/2010
Download:
アウトラインベネズエラで、船主及び乗組員を捜査や起訴の対象とする新しい違法薬物取締法が施行されました。
Date: 07/12/2010
OUTLINEUnder the CLC only a registered owner of a ship is required to obtain a Blue Card evidencing insurance satisfying the requirements of the Convention.Clubs in the International Group will no longer issue Blue Cards to bareboat charterers.
Date: 26/10/2010
組合員各位、UKクラブ年次総会報告 2010年10月18日に開催された年次総会において、2010年2月20日終了の財務報告書は監査承認のとおり採択されました。任期満了の理事のうち、再選の意向を示した理事はすべて再選されました。また、下記の理事が新たに選任されました。<...
A detailed explanation of financial and claims performance at the mid-year point is provided by the Club in its October Review 2010.  Free reserves and capital at $419 million, improving overall claims position particularly on 2009 and also 2008, 2009 policy year combined ratio of 102 per cent and S&P rating A- (Outlook: Stable)
2011保険年度のジェネラル・インクリースは5%と決定し、国際グループの再保険コストを別途加算させていただきます。2011年度の標準免責金額は5,000米ドルです。理事会決議に至りました財政的背景につきましては、別紙「2010年10月理事会報告」にて詳しくご説明しています。 
Date: 14/10/2010
米国コーストガードは、NVICNo.2-10を告示し、VRP最終規則の求める要件の実施及び施行についてのガイドラインを発表しました。クラブ回覧12/10の別紙4の訂正及び更新が添付されています。前回のクラブ回覧でご案内した救助契約の中のDonjonSmit契約書は修正されました。本回覧はクラブ回覧12/10を参照しています。国際グループの各クラブは同様の回覧を発行しています。
Date: 04/10/2010
Limit on Special War Risks P&I cover for 2009 policy year remains US$500 million.  “Bio-Chem” exclusion remains and a supplementary cover for "Bio-Chem" risks in respect of crew & legal costs limited at US$30 million continues to be available.  A portion of these covers is provided in accordance with the requirements of the US Terrorism Risk Insurance Act of 2002 (Act), as amended by the Terrorism Risk Insurance Program Reauthorization Act (TRIRA) of 2007.
Date: 01/10/2010
Download:
The International Group of P&I Clubs (IG) and BIMCO have drafted a revised Himalaya clause for use in bills of lading and other contracts A copy of the revised clause is attached to this circular. The clause intends to exempt a contractual carrier’s or other contracting party’s servants, agents or subcontractor’s from liability under a contract or extend to them the same protection from liability enjoyed by the carrier. Care should be taken to ensure the clause achieves its purpose when incorporated into different types of contract e.g. properly defining the terms ‘Carrier’ and ‘Merchant’ when used in bills of lading or other contracts of carriage. Depending on the jurisdiction in which liability may arise, the protection of the clause cannot always be guaranteed.
Date: 30/09/2010
A substasive history of the Bolero project and the International Group's cover of liabilities arising in respect of the carriage of cargo Bolero and ESS
Date: 29/09/2010
Download:
The compulsory insurance provisions of the amended Filipino Migrant Workers Act should come into force before the end of October 2010.  P&I cover does not extend to all of the compulsory insurance provisions of the Act, nor cover seafarers directly.  Manning & recruitment agencies need to evidence compliance with these compulsory insurance provision before POEA issues an overseas employment certificate.  This circular refers to previous circular 9/10 (June 2010).
Date: 28/09/2010
Download:
2001年5月に発行したクラブ回覧04/01をご参照ください。この回覧では、オリジナルB/Lの提示なしの貨物の引渡しについてお伝えし、そのような場合に使用すべき国際グループの推奨する補償状(Letter of Indemnity)の標準書式を添付しました。
Date: 17/09/2010
年次総会の通知は2009年2月20日終了の保険年度にかかわる理事会報告書及び決算書に記載されています。
Date: 16/09/2010
Download:
The International Group have agreed to cover liabilities arising in respect of the carriage of cargo under certain approved electronic trading systems To date, versions of two such systems have been approved - Bolero (www.bolero.net) and ESS (www.essdocs.com) Traditional exclusions of cover under Club Rules continue to apply in the same manner as with paper systems Participation in electronic trading systems may expose Members to risks for which additional non-P&I cover should be obtained
Date: 03/09/2010
本状は情報を提供することのみを目的とし、いかなる取引を勧誘、推薦あるいは締結を促すものではなく、投資に対する助言を提供するものとして取り扱われるべきものではありません。いかなる投資の条件もリスクに関する情報を含む詳細を記した本件目論見書及びその他関連文書の規定に基づくものといたします。 尚、2008年8月に本債券の募集期間は終了しました。
Date: 02/09/2010
Download:
This circular provides details of the AGM of the Club in Shanghai on 18th October 2010 and the arrangements for voting by proxy.
Date: 02/09/2010
Download:
A further postponement of the requirement to contract with an MSA approved oil pollution response company is likely An update of the existing situation This circular refers to previous circulars 12/09, 15/09, 5/10 & 7/10
Date: 02/09/2010
The additional premium system for tankers carrying persistent oil to or from the United States will continue for the 2008 policy year. Rates have been reduced by 10 per cent.
Date: 02/09/2010
Overall cost of reinsurance to increase for 2008. Collective overspill reinsurance protection on behalf of each club in the Group purchased once again for the 2008 policy year. Club retention remains at US$7 million for 2008. Oil pollution claims remain subject to a special limit under Rule 5B(ii) of US$1,000 million for owned ships War risks P&I and US voyage surcharge premiums reported separately in Club circulars 2/08 and 3/08.
Date: 02/09/2010
ご存知のとおり、バンカー条約は2008年11月21日に発効いたします。既にお知らせした通り、国際グループの各クラブは、同条約批准国が保障契約証明書(以下「BC証書《)を発行するために必要とされるバンカー条約「ブルーカード《を発行することに合意しています。批准国に船籍のある船舶は、その旗国からBC証書を取得するだけで要件を満たします。この証書は別の他の批准国へ寄港した場合でも、保障契約の証明として取り扱われます。この旗国の証書は、所定の様式でクラブが発行するブルーカードを提出して申請すれば発給されます。(下記「ブルーカードの発行《についてご参照)批准国籍船のメンバーは、BC証書の申請手続きについて確認のために旗国当局に連絡をお取りください。
Date: 02/09/2010
Q1: What is hybrid capital? A: Hybrid capital is capital that is structured as debt, but has equity-like features. The equity-like features are designed to absorb losses. It is also subordinated on a...
Date: 01/09/2010
本状は情報を提供することのみを目的とし、いかなる取引を勧誘、推薦あるいは締結を促すものではなく、投資に対する助言を提供するものとして取り扱われるべきものではありません。いかなる投資の条件もリスクに関する情報を含む詳細を記した本件目論見書及びその他関連文書の規定に基づくものといたします。 尚、2008年8月に本債券の募集期間は終了しました。
Date: 01/09/2010
2005年度は人身事故や客船クレームの件数が多い年度でしたが、単年度勘定としては2004年、2006年より搊失は少ないものとなりました。本年5月に開催された理事会において、2005保険年度勘定は搊失ではありましたが予定外保険料の請求なしで閉鎖することを決定しました。
Date: 01/09/2010
バンカー条約の発効 − 証書要件とブルーカード及び批准国が発行するBC証書について  バンカー条約* は批准国数及び必要保有船腹量がすでに発効要件を満たしたため、2008年11月21日に批准国において発効される予定です * バンカー条約:
Date: 01/09/2010
Circular 06/08 バンカー条約の発効(1) - 証書要件とブルーカード及び批准国が発行するBC証書についてをご参照ください。
Date: 01/09/2010
本改正法により、2008年 4月 1日より有害液体物質(HNS:灯油、ナフサ、ジェット・オイル、軽油、および有害物質等)をバラ積みして特定海域(東京湾、伊勢湾、大阪湾を含む瀬戸内海)を航行する150総トン以上の HNSタンカーは、HNS 流出の際の防除装置に必要な資機材と要員を確保しておくことが義務付けられることになりました。海上災害防止センター(MDPC)はこれらを提供することが可能で、実際に本改正法の要件を満たすためには、事前に船主が同センターと契約することが必要となります。
Date: 01/09/2010
国際グループの再保険契約は2007年度と同様の条件と仕組みで更改しました。グループのキャプティブ再保険会社であるハイドラの負担する部分を含め、グループの再保険契約にかかわる総コストは、約10%上昇しています。昨年同様、グループの各クラブ管理者は、過去の再保険クレーム・レコードを特に慎重に考慮し、各船種別の再保険レートを調整することで、総コストに対する船種毎の負担割合を算定いたしました。船種毎に規定した再保険料率はグループのすべてのクラブで同じレートを適用いたします。
Date: 31/08/2010
「持続性油《を合衆国向けあるいは合衆国から運搬するタンカーの合衆国航海にかかる追加保険料システムは2008保険年度も継続されました。
Date: 31/08/2010
2008年1月31日の理事会において、保険約款第5条E項ただし書に従いメンバーに提供しているP&I戦争危険特別担保の枠組みにつき検討した結果、2008年1月31日付理事会決議文の条件に従い、2008保険年度もメンバーに同担保を提供することを決議しました。P&I戦争危険特別担保の条件は、5億米ドルの担保限度額を含め2007年と基本的に変更ありません。2007保険年度同様、担保の対象となるのは保険約款第5条D項に規定した加入船舶の適正価額、あるいは船舶戦争保険者から回収可能な金額のいずれか高い金額を超えるクレームのみとしています。
Date: 31/08/2010
2008年1月14日にバミューダで開催された特別総会において、クラブ・ルール改訂案は承認されました。
Date: 26/08/2010
This circular applies to owners of tank vessels carrying oil calling at US ports The US Coast Guard Final Rule requires oil tanker owners/operators to submit their vessel response plans (VRPs) relating to salvage and firefighting by 22nd February 2011 It also requires they ensure pre-contracted salvors & firefighters comply with 15 capability criteria. See Annex 1 of this circular. Guidance on use of Lloyds Open Form, contracts and funding agreements are provided in Annexes 2 & 3 of this circular. Annex 4 to this circular contains a comparison of rates and technical contract terms of four salvorsAll four annexes are reproduced on the Club website with this circular and are also available from the Manager's London agents but have not been reproduced in hard copy for reasons of economy.
Date: 31/07/2010
Certain P&I liabilities have been excluded from normal Club cover by the Paperless Trading Endorsement since 1999. The International Group has maintained a market insurance (limited to $50 million) for Members participating in Bolero for excluded P&I liabilities. The market insurance has been extended and is now available for Members who participate in the Electronic Shipping Solutions paperless system.
Date: 22/07/2010
Download:
Rule 5(J)(ii) introduced at February 2010 gives the Directors power to terminate a Member’s insurance if his activities expose the Club to sanction Club circular (Ref no. 10/10) advised Members of the enactment on 1st July 2010 of CISADA a new US law revising US economic sanctions against Iran Under the terms of CISADA, the export of refined petroleum products (RPP) to Iran (amongst other activities) is subject to the imposition of sanctions by the US The Club Board considers that the risk to the Association of a sanction under CISADA is material within the terms of Rule 5(J)(ii)
Date: 17/06/2010
Download:
Amendments to the Filipino Migrant Workers Act of 1995 (Republic Act No. 8042) (MWA) have now become law in the Philippines Final implementation by relevant government agencies is anticipated by 30th June 2010. Accidental death, natural death or disablement claims will be subject to the principle of absolute liability for employers. Insurance cover must now be obtained by manning or recruitment agencies for the benefit of seafarers in addition to any benefits already provided under the POEA and/or CBA s P&I clubs are unable to provide direct cover to seafarers as required under this Act. Manning agents/recruitment agents are not co-assureds on Club certificates of cover.
Date: 06/05/2010
Download:
2007 policy year closed with no further supplementary premium No further supplementary premiums estimated for the 2008 policy year Free reserves and capital (including hybrid capital) increased to US$409 million
Date: 29/04/2010
Download:
REGULATIONS OF THE PEOPLE’S REPUBLIC OF CHINA ON THE PREVENTION AND CONTROL OF MARINE POLLUTION FROM SHIPSA further postponement of the requirement to contract with an MSA approved oil pollution response company is likely. China’s MSA is expected to issue additional rules on spill response arrangements in the next two to three months. Members should not contract with response companies for regulatory purposes until after these rules are issued. This circular refers to previous circulars 12/09, 15/09 & 5/10
Date: 20/02/2010
Gas carrier ships are not required to carry Blue Cards in compliance with the 1992 International Convention on Civil Liability for Oil Pollution Damage (CLC).  International Group clubs have discontinued issuing Blue Cards for gas carriers, both LNG & LPG, with immediate effect.  Exceptionally, some older LPG vessels which were constructed or adapted to carry persistent oil in bulk as cargo remain entitled to obtain Blue Cards.
Date: 19/02/2010
Download:
The Resolution to amend Rule 5J was passed at the SGM on 18th February 2010 (ref Circular 1/10).
Date: 12/02/2010
Download:
Regulations of the People's Republic of China on the Prevention and Control of Marine Pollution from ShipsNo further guidance on new requirements for pre-contracting with spill responders has been received from the Chinese authorities since the Club's last circular. The implementation or enforcement of the pre-contracting requirements is expected to be postponed until details of approved contractors and response capabilities have been made public and an opportunity given to operators to comply. The Managers and CMS will continue to monitor the situation. Members will be kept advised of any material developments.
Date: 05/02/2010
Download:
Collective overspill reinsurance protection on behalf of each club in the Group purchased once again for the 2010 policy year. Club retention increased to US$8 million for 2010. Pooling arrangements unchanged for 2010. Oil pollution claims remain subject to a special limit under Rule 5B(ii) of US$1,000 million for owned ships. War risks P&I and US voyage surcharge premiums reported separately in Club circulars 2/10 and 3/10.
Date: 05/02/2010
Download:
Limit on Special War Risks P&I cover for 2010 policy year remains US$500 million. “Bio-Chem” exclusion remains and a supplementary cover for "Bio-Chem" risks in respect of crew & legal costs limited at US$30 million continues to be available. A portion of these covers is provided in accordance with the requirements of the US Terrorism Risk Insurance Act of 2002 (Act), as amended by the Terrorism Risk Insurance Program Reauthorization Act (TRIRA) of 2007.
Date: 05/02/2010
Download:
The additional premium system for tankers carrying persistent oil to or from the United States will continue for the 2010 policy year. Rates have been reduced by 16 per cent.
Date: 05/02/2010
Download:
Notice of a Special General Meeting in Bermuda on 18th February 2010 to amend the Rules for the 2010 policy year. The proposed Rule change addresses potential risks to the Club from government sanctions or prohibitions which materially affect the Club. The amendment is recommended by the Board to protect the Club in the context of recent Bermudian legislation.
Date: 19/01/2010
クラブ回覧14/09に添付の総会通知に記載された決議案は、採決されました。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.