The UK P&I Club’s legal articles discuss a myriad of topical subjects of interests in the maritime industry from a legal perspective. These articles are written by internal and external experts.    
 
If Members have any questions on any of the subjects covered in our Articles, please contact the Legal Team via Jacqueline Tan (jacqueline.tan@thomasmiller.com) or Ioana Gonciari (ioana.gonciari@thomasmiller.com), or your usual contact at the Club, and we will be pleased to assist you with your questions.
 

Date: 11/04/2019
Thomas Miller香港事務所のシニアクレームエグゼクティブ、Helen Huangは、中国の海洋汚染防止法に関連する国際条約や中国国内法および油濁清掃業者(SPROs)についてまとめた記事を掲載しています。
Date: 15/03/2019
2019年3月11日、米国沿岸警備隊は、バラスト水処理システム(BWMS)のcompliance dateに関し、「次回ドライドッキング」に適用される有効日のこれまでの解釈を再検討する通達を発表しました。
Date: 07/03/2019
2月21日、英国高等法院はHARMONY INNOVATION SHIPPING v CARAVEL SHIPPING [2019] 2 WLUK 370 事件について判決を下し、オリジナルB/Lの提示なしに貨物を引渡すために、用船者が船主に差入れたLOIの保証条項に従い、船主の差押さえられた船舶のリリースのための担保を提供することを、用船者に命じました。 
Date: 10/01/2019
Download:
2019年1月1日よりトルコ商法に新たな条項が追加されました。当事者は商事紛争を法廷で手続きを開始する前に、調停に付すことが義務付けられました。
Date: 07/12/2018
2013年11月20日に採択されたシップリサイクルに関するEU規則(ESRR)は、EU籍の船舶に対し、Inventory of Hazardous Materials(IHM:有害物質インベントリ)を保持しなければならないと規定しており、2018年12月31日に全面適用されることになっています。本Legal Updateでは、ESRRの背景と主要条項の概要を説明し、今後EU内外のメンバーに対する規制の潜在的影響を要約しています。
2018年10月1日以降、上海港湾区域及び海域を航行する船舶には大気汚染物質排出規制が適用されています。これを受けて上海MSAは、上海港に航行・停泊および運行する船舶の監視及び管理に関する、暫定的ガイドラインの改訂版を公表しました。
Date: 18/09/2018
2018年4月1日より施行されたインド海事法は、インドにおける海事クレームや抵当権行使、拘留などにかかわる規則や慣行を成文化するだけでなく、国際条約の原則をインド法に導入するという点で、法制化が待たれていました。この度ムンバイ在住のSubramaniam弁護士が、新法の運用状況や革新的な新法がもたらした改善点や依然として存在する問題点について、考察しています。
Date: 16/08/2018
インドネシアにおける契約 - 2015年8月31日、インドネシア最高裁判所は、PT Bangun Karya Pratama Lestari v Nine AM Ltdの紛争でインドネシア語で書かれていない契約は無効であるとの判決を下しました。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.