国別の情報

各締約国の保障契約証明書(BC証書)の申請手続きについては、下記のリンク先をご覧ください。それぞれの国で必要な書類、連絡先やその他関連情報が掲載されております。

リンク先の内容は旗国から新しい情報が届き次第、更新されています。また更新された場合は、下記リスト上でお知らせしています。

最新情報を得るには
このセクションでは、2010年12月2日現在世界57か国で批准されているバンカー条約を順守するためにお役にたつ情報を掲載しています。

メンバーの皆様は、これらの進展に精通している必要があります。以下の国々のいずれかを旗国とする、または寄港予定のある1,000GT以上の船舶の船主は、バンカー油濁損害の責任に対する保障契約証明書を保持しなければなりません。

クラブの最新の見解はクラブ回覧にてお伝えしています。Q&Aも併せて提供しております。Q&Aは、証書取得手続きに進展があり次第更新されます。これらの書類は、以下のリストからご覧になることができます。

このセクションは条約順守のため、旗国や国際グループ、またその他船主を支援する組織から新しい関連情報が発せられ次第、更新されます。

クラブのバンカー条約への対応についての問い合わせは、トーマスミラーのリーガル・ダイレクターであるDr Chao Wuにお寄せください。

* IMOのウェブサイトでは、海事関連条約や批准国についての最新情報が提供されています。こちらをご覧ください。

クラブの発行物とリソース

01/10/2008
同クラブ回覧では、バンカー条約の締約国として英国、リベリアおよびキプロスが、2008年11月21日の条約発効日以降に自国へ寄港するか水域内のオフショア施設を使用するか否かにかかわらず、本条約を批准していない国に船籍を持つ船舶に対し、条約証書を発給することに同意しているとお伝えしました。しかし、キプロスは、申請日までの1年間にパリMOUの年次報告書のブラックリストに載った旗国の船舶に対しては条約証書を発給しないことを表明しています。
11/08/2008
前回発行しましたクラブ回覧06/08および09/08では、バンカー条約がその批准国において2008年11月21日に発効となり、各批准国がバンカー条約の下で条約証書を発給するために必要な「ブルーカード」を発行することにつき、国際グループの各P&Iクラブ間で合意しているということをお知らせいたしました。
02/09/2010
ご存知のとおり、バンカー条約は2008年11月21日に発効いたします。既にお知らせした通り、国際グループの各クラブは、同条約批准国が保障契約証明書(以下「BC証書《)を発行するために必要とされるバンカー条約「ブルーカード《を発行することに合意しています。批准国に船籍のある船舶は、その旗国からBC証書を取得するだけで要件を満たします。この証書は別の他の批准国へ寄港した場合でも、保障契約の証明として取り扱われます。この旗国の証書は、所定の様式でクラブが発行するブルーカードを提出して申請すれば発給されます。(下記「ブルーカードの発行《についてご参照)批准国籍船のメンバーは、BC証書の申請手続きについて確認のために旗国当局に連絡をお取りください。
01/09/2010
バンカー条約の発効 − 証書要件とブルーカード及び批准国が発行するBC証書について  バンカー条約* は批准国数及び必要保有船腹量がすでに発効要件を満たしたため、2008年11月21日に批准国において発効される予定です * バンカー条約:
01/09/2010
Circular 06/08 バンカー条約の発効(1) - 証書要件とブルーカード及び批准国が発行するBC証書についてをご参照ください。

Flag state summaries on Bunkers Convention implementation

緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。