2008年12月に国連総会において「国際物品運送契約に関する国際条約」(ロッテルダム・ルール)が採択されました。この条約によって、貨物の運送に関する船主及び海運業者の損害賠償責任が著しく増大することになりました。

この条約は、国際海上物品運送および、海上輸送が運送契約に含まれる国際複合一貫輸送の両方に係わる規則を定めるために制定されました。そのためMaritime Plusツールと呼ばれることがあります。この幅広い適用範囲は、例えば、「船荷証券(Bill of Lading)」や「海上輸送状(Sea Waybill)」から「運送書類」という一般的用語への変更など、条約で使用される新しい用語に反映されています。

運送契約にロッテルダムルールを自主的に組み込むことで、従来の取決めでは発生しなかったであろう損害賠償責任やリスクを負うことが考えられます。このような損害賠償責任の増大には追加保険が必要な可能性があります。

自主的に導入することによって増加する潜在的損害賠償責任については、クラブ・ルール第2条第17項ただし書(a)に記載されています。

貨物の潜在的損害賠償責任に対する追加保険についてのお問合せは、契約の締結前に、通常の保険引受け担当者にご連絡ください。

Date: 17/10/2009
Download:
Text of Rotterdam Rules in 6 languages.
Date: 05/10/2009
If someone wants to introduce an innovation he has to give arguments against prevailing standpoints that support current status quo. In this article Dr Kragic trays to give an answer to the question whether the time has come to introduce compulsory insurance for shipowner’s liability for cargo.
Date: 24/09/2009
Download:
The Convention on Contracts for the International Carriage of Goods Wholly or Partly by Sea (Rotterdam Rules) was adopted in December 2008 by the UN General Assembly.  It will significantly increase the liability of shipowners and maritime carriers in respect of the carriage of cargo.

緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.