THE COUNTDOWN TO IMO 2020
 

Days
Hours
Mins
Secs

国際海事機関(IMO)は、船舶が使用する燃料油の硫黄含有量を段階的に厳しく制限することにより、海運による環境への悪影響を軽減することに取り組んでいます。 これらの新規則に従わない場合には、相当の罰金が科せられる可能性があります。

最近、IMOは船舶燃料の硫黄含有量の上限を世界的なレベルで引下げるという2008年決議を採択しました。 現行の世界的な上限である3.5%(m/m)は、2020年1月1日以降0.5%(m/m)に減少します。

新しい規制はすべての人に歓迎されていますが、完全に法令を遵守し実行を確実にするには、様々な課題が存在しています。 このページは、このような課題を克服するための資料を、クラブ・メンバーにお届けすることを目的としています。

Date: 11/12/2019
アイスランド政府は2020年1月1日より、同国領海内及び内水で使用される船舶燃料油の硫黄含有量の許可水準を、従来の3.5%から0.1%まで引き下げると発表しました。
Date: 25/11/2019
Download:
米国の排出規制海域(ECA)における法令遵守と施行のためのUSCGガイドラインが11月7日に発表されました。
Date: 14/11/2019
Download:
中国MSAは、2020年IMO硫黄燃料油規制を遵守するための実施要領を発表しました。詳しくはHuatai Circular PNI1907 をご参照ください。
Date: 28/10/2019
IMOの新たな硫黄燃料油規制の要件は2010年1月1日より施行され、すべてのPSCで法令遵守に対する一貫した検査が実施されます。PSC検査はマーポール条約附属書VIに基づくPSCの2019年ガイドラインであるIMO手順に従って実施されます。
Date: 27/09/2019
2020年1月1日より、一般海域における船舶燃料油の硫黄含有量を0.50%m/m以下とするグローバル規制が実施されます。 バンカーチェーン関係者、すなわち、船舶燃料の生産、流通、貯蔵、取り扱い、使用に関与する関係者は、現行の規制量3.5%m/mから大幅に引き下げられることを受け、新規制への対応についての懸念を表明しており、起こり得る問題に対処するためJIP(Joint Industry Project)が設立されました。

UK Defence Club

The UK Defence Club has published a series of Soundings bulletins on the upcoming Sulphur Cap, each detailing the various issues that its Members will face leading up to the impending deadline.

The Defence Club has already received numerous queries on the cap. Who will have to pay the higher cost of low sulphur fuel? Can an owner be obliged to install scrubbers, in order to avoid having to stem low sulphur fuel? Who will be responsible for compliance with the new regulations?

One big issue Owners face is whether or not to install scrubbers on their vessels and the potential contractual issues that may arise. Who bears the time and costs required for scrubber installation? Who is responsible for maintenance and the consequences of defective scrubbers?  Issues may also arise under ancillary contracts for the finance, installation and maintenance of scrubbers.

Ships without scrubbers, on the other hand, will need to be physically prepared for the 2020 switchover by ridding themselves of any high sulphur fuel on board. This in itself is likely to pose logistical and contractual issues and will require careful planning.

Once the regulations are in force, other issues are likely to arise during the “teething period”. There is a concern that there will be insufficient supplies of low sulphur fuel to satisfy demand and this may result in practical and contractual difficulties relating to fuel unavailability. Some ports have banned “open loop” scrubbers and this could lead to problems where ships are prevented from entering such ports and therefore unable to perform the chartered service. 

Members will need to anticipate these types of issues when negotiating new contracts or amending existing charterparties in advance of 2020. With careful drafting and planning, it may be possible to mitigate the negative impacts of 2020. Nevertheless, this regulatory change is undoubtedly an area for potential dispute.

Members with specific queries regarding the cap should get in touch with their usual Club contact, or can refer to the Club's dedicated IMO 2020 team Philippa Langton and Caroline Avgerinou.

Visit the UK Defence Club's dedicated IMO 2020 webpage for all the latest updates from the Club. Members can download copies of the UK Defence Club Soundings bulletin below.

May, 2019 - MEPC - Welcome Guidance on IMO 2020

Sulphur Series 03 - 2020 bunker pricing issues

Sulphur Series 02 - Practical Steps

Sulphur Series 01 - Scrubbing Up

New BIMCO IMO 2020 clauses published

Low Sulphur Fuel


緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.