回覧14/17 - 米国コーストガード(USCG) - 油濁事故対応計画書(VRP)

回覧14/17 - 米国コーストガード(USCG) - 油濁事故対応計画書(VRP)

アウトライン:

  • 2018年1月1日より、ハワイ州において要求されている漏油清掃業者(OSRO)サービスは、MSRCまたはNRCが全面的に直接提供することとなりました。
  • このサービスは、ハワイ州で航行するタンカー及びタンカー以外の船舶に対する分散剤散布Tier 1をカバーするだけでなく、バーバーズ・ポイントの係留施設におけるタンカーの荷役作業に対するAMPDも含みます。
  • ワイナメ港(Port Hueneme) とモントレー(Monterey)に関するカリフォルニア州の要求事項は2018年1月1日より施行されます。

メンバー各位、

USコースト・ガード –船舶油濁事故対応計画(VRP)

ハワイ州 ‐2018年1月1日に発効する分散剤Tier1およびADPD(Average Most Probable Discharge)カバーについて

漏油清掃業者(OSROs) ‐ MSRC, NRC およびClean Island Council (CIC) 更新情報

ハワイ州

MSRC及びNRCが最近発行した船主向けのClient Adversary Noticeで、 2018年1月1日以降、ハワイ州において要求されている漏油清掃業者(OSRO)サービスは、MSRCまたはNRCが全面的に直接提供すると発表しました。これはハワイ州で航行するタンカー及びタンカー以外の船舶に対する分散剤Tier1をカバーするサービスだけでなく、バーバーズ・ポイントの係留施設で荷役作業するタンカーのAverage Most Probable Discharge (AMPD)についてもカバーします。

現在、このサービスは、Clean Island Council (CIC) が現行契約書の下で提供しています。CICは2017年12月31日以降、サービスを提供いたしません。

MSRCもNRCも、油濁事故対応のためのOPA90基準を満たす現行サービス契約書をもって、タンカー及びタンカー以外の船主に対し、ハワイ州においてもサービス範囲を拡大提供します。この合意書は、油濁事故対応計画に関する契約書のガイドラインに沿ったもので、脚注に下記の表示があります。

MSRC – 27 September 1996
NRC – 15 September 2004

ハワイに寄港した船舶を所有するメンバーは、これまでCICの従来の契約書が、国際グループのVRPガイドラインに沿ったものではなく、追加保険の付保が推奨されていた事をご存知かと思います。船舶の油濁事故対応計画書でMSRCあるいはNRCを記載している船主の皆様は、CICと油濁対応サービスのための追加契約は不要となりました。そのため、ハワイ向けに航行する船舶には、追加保険は求められません。

Marine Spill Response Corporation (MSRC)

MSRCは、必要な資機材を取得しており、本土から追加資機材を配置して、漏油清掃(OSRO)サービスを拡大提供し、MPA (The Marine Preservation Association)メンバー企業が計画書に記載できるよう Plan Citation Rightsを取得します。 タンカー及びタンカー以外の船舶所有者は、ハワイ州でMSRCの分散剤Tier1及びAMPD 対応能力を利用するためには、国のMPAメンバーである必要があります。そのため、MSRCはハワイ州全域を航行するタンカー及びタンカー以外の船主のためにUSCG規則の事故対応計画書に関する要求事項を完全に対処しサービスを実施することができることになります。

MSRCは、ハワイ州でのサービスに加え、米国バージン諸島の資機材を配置することにより、バージン諸島のセント・クロイ島、High Volume Port Areaにおいて油濁事故対応計画書に記載されているタイムフレームを満たすべく、USCGから必要なOSRO等級を取得します。これは、セント・クロイ港長管轄水域(COPZ)を航行する船舶及びセント・クロイに寄港する船舶に適用されます。 MSRCは引続き、プエルトリコにて要員及び資機材を提供します。

MSRCは、また五大湖・ミシシッピ川の船舶に対してもOSROサービスを提供します。船主の皆様は、上記の地域での事故対応計画書にMSRCを記載する場合、MSRCより許可書を取得する必要があります。

ワイナメ港とモントレーに関するカリフォルニア州の要求事項 - 2018年1月1日より施行

また、MSRCは、カリフォルニア州ワイナメ港(Port Hueneme)に寄港する船舶の船主にも、カリフォルニア州規則の要件を満たす能力を備えたサービスを提供できることになっています。これには、カリフォルニア州規則の下でタンカー及びタンカー以外の船舶に求められるスキミング及び海岸保護の両方を含みます。MSRCは、引き続きサンタ・バーバラ海峡を通過する船舶についても、サービスを提供します。


MSRCは、要求事項であるカリフォルニア州からの漏油対応業者(OSRO)の格付けを得ているため、顧客はこのサービス提供者としてMSRCと記載することができます。またカリフォルニア州モントレー沖での清掃が必要な船舶にも同サービスを提供することができます。

National Response Corporation (NRC)

NRCは、現行のOSRO Classification coverageのサービスを、ハワイ州でも拡大提供します。ハワイ州における法令遵守のため、Full AMPDからWorst Case Dischargeまでの範囲で、また分散剤使用能力を備え、船主に事故対応の資機材を追加投入します。

NRCがホノルル港長管轄水域でのUSCG OSROサービスを拡大提供することにより、船舶事故対応計画書でNRCを記載する船主は、CICあるいはMPA/MSRCとの追加合意書に署名する必要はなくなりました。

Clean Island Council (CIC)

ハワイのCICはMPA/MSRCと経営統合します。しかし、CICは引続き、航空観測、訓練、海上火災消火活動等のOSRO関連でないサービスを提供する業者として機能します。CICサービス合意書は、国際グループの救助及び海上消火活動(SMFF)に関するガイドラインに沿っていません。

すべての船主は米国の油濁事故対応計画書にSMFF事業者をすでに記載しています。国際グループは、現時点ですべてのSMFF事業者がハワイ州で完全準拠しているとUSCGに見なされていると理解しています。以下のSMFF提供者とのファンディング合意書は、国際グループの米国VRPの救助契約の挿入についてのガイドラインに沿ったものです。

Ardent, Donjon Smit, Marine Response Alliance, Resolve Salvage & Fire (Americas) Inc and T&T Salvage, LLC

国際グループのすべてのクラブは、同様の回覧を発行してします。

UK P&Iクラブ 日本支店

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.