21/13 - タンカー以外の船舶の油濁事故対応計画書(NTVRP)

アウトライン

  • アラスカ西海域を航行する、タンカー以外の船舶に対するAlternative Planning Criteria (APC)がwww.ak-mprn.orgにて発表されました。
  • 連邦VRP認可プログラムに対応するためのAlaska Chaduxとの契約は、これまで発表されていた2013年12月30日に終了するのではく2014年1月30日に終了することとなりました。
  • US Coast Guard (USCG)は、2014年1月30日のVRP施行日は延期しないと確認しました。
  • UACGは、最低限の遵守情報を提示すれば、6か月の猶予許可書(IOA: Interim Operating Authorization)を発行します。
  • 本クラブ回覧は、タンカー以外の船舶所有者が2014年1月30日までにUSCGにVRPを提出する必要があることをお伝えした12/13, 14/13, 18/13 および 19/13のクラブ回覧を参照しています。

組合員各位

タンカー以外の船舶の油濁事故対応計画書 (NTVRP)

- アラスカにおける特別施行

- USCGによるNTVRP施行日の確認と6カ月の猶予措置の発表

本クラブ回覧は、12/13、14/13、18/13及び19/13のクラブ回覧を参照しています。これらクラブ回覧では、タンカー以外の船舶所有者は、2014年1月30日までに、コースト・ガードに油濁事故対応計画書(VRP)を提出することが求められていることをお伝えしました。この計画書では、当該船主は全権責任者(QI)、漏油清掃業者(OSROs)、分散剤散布業者、救助・消火業者(SMFF)と事前契約を締結することが求められています。本クラブ回覧は、アラスカにおける最終規則(Final Rule)の実施についてと、連邦のNTVRP施行期日の再確認と猶予措置に関わる最新情報をお伝えします。

タンカー以外の船舶VRP最終規則 (NTVRP Final Rule) -アラスカにおける特別施行

連邦VRP要件を満たすため、アラスカを航行するタンカー以外の船舶は2014年1月30日以降、Alaska Maritime Prevention and Response Networkに登録しなければなりません。アラスカ西海域を航行する、タンカー以外の船舶に対するAlternative Planning Criteria (APC)が、同Networkより発表され、下記アドレスに掲載されています。(www.ak-mprn.org)

現在、一部の船主は、連邦VRPの認可を得るため、アラスカの油濁対応業者であるAlaska Chaduxと契約しています。 Alaska Chaduxによると、現行の同社契約書は2014年1月30日に施行される USCGのNon-Tank VRP Final Ruleの要件を満たしていないとしています。(http://www.chadux.com/) Alaska Chadux との契約は、当初2013年12月30日で終了すると公表していましたが、同社は新規則にスムーズに対応するため、追加料金なしで2014年1月30日まで契約延長することを発表しました。

Chadux社によると、タンカー以外の船舶のためのNetwork APCに登録することにより、Chaduxの資材使用を含むNetworkの事故対応プログラムを利用することができます。 詳細は、下記アドレスをご参照ください。(http://www.ak-mprn.org/enrollment.php) 登録受付けは2013年12月30日に開始されます。

アラスカ州法に基づく計画書の要求事項に変更ないことをご承知おきください。

Non-Tank VRP最終規則-2014年1月30日の施行日は変更なし、

ただし必要に応じ6か月の猶予許可書を発行

前回のクラブ回覧でもお知らせした通り、米国Non-Tank VRP最終規則は、2014年1月30日に施行されます。米国コースト・ガードは、最近この施行日を再確認し、延期する予定はないとの文書を発表しています。

しかし、コースト・ガードは、計画書作成者等がNTVRPの全項目に完全に対応するには時間が限られていることを認識しており、必要に応じ6か月の猶予を許可するInterim Operating Authorization(IOA)Letter を発行することを決定しました。このIOAレターの受領要件を満たすには、最低限以下の情報を含む計画書をCOMDT(CG-CVC)に提出する必要があります。提出先は以下の通りです。

Inspections and Compliance Directorate Contact: VRP Program - 2703 Martin Luther King Jr Ave SE STOP 7501 Washington, DC 20593-750. Phone: (202) 372-1226. E-Mail: vrp@uscg.mil

(1) Qualified Individual (QI)およびAlternate QIの情報

(2) 契約あるいは合意文書を交わしたOSROの情報

(3) 救助業者(SMFF)の情報と救助契約および資金協定書あるいは合意文書の提出

(4) 33 CFR 155.5023(b)の下で要求される署名済みCertification Statement

Pre-fire planや本船情報が不足している等、Subpart Jの要求事項を完全に満たしていない場合には、Certification Statementに不足箇所を明記する必要があります。(Subpart Jについては、下記アドレスをご参照ください。https://www.federalregister.gov/articles/2013/09/30/2013-22059/nontank-vessel-response-plans-and-other-response-plan-requirements#h-46)

当該メンバーは、2014年1月30日までに上記要件を満たすべく、計画書作成者と連携して対応いただくよう強く助言いたします。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.