27/13 - NTVRP施行日 - 2014年1月30日

アウトライン

  • NTVRPの施行日は2014年1月30日です。
  • 旧NTVRPの失効日は2014年1月31日です。
  • アラスカ - Alternative Planning Criteria (APC)(タンカー以外の船舶対象)
  • 太平洋領域 - Alternative Planning Criteria (タンカー及びタンカー以外の船舶対象)
  • 本クラブ回覧は、タンカー以外の船舶所有者が2014年1月30日までにUSCGにVRPを提出する必要があることをお伝えした12/1314/1318/1319/13および21/13のクラブ回覧を参照しています。

組合員各位

NTVRP施行日 - 2014年1月30日

米国のタンカー以外の船舶の油濁事故対応計画書(NTVRP)の最終規則は2014年1月30日に発効いたします。国際グループは、施行日延期を申入れて参りましたが、USコースト・ガードは、施行日の変更はないと言明しております。そのため船舶所有者は、1月30日までにこの規則に従い、船舶油濁事故対応計画書を提出し承認を得るか、あるいはInterim Operating Authorization(IOA)を取得する要件を満たす計画書を提出するかのどちらかをしなければなりません。(クラブ回覧21/13参照)

NTVRP最終規則は、2013年9月30日に公布されました。タンカー以外の船舶所有者は、今回初めて、救助業者との資金協定や消火活動に関する事前契約を締結することが求められています。コースト・ガードは、計画書作成者がNTVRPの全項目に完全に対応するには、時間が限られていることを認識しており、必要に応じ6か月の猶予を許可するInterim Operating Authorization(IOA)Letter を発行すると述べています。このIOA許可書を受領するには、以下の最低要求事項を含む計画書を、COMDT(CG-CVC)に提出する必要があります。提出先は、以下の通りです。Inspections and Compliance Directorate Contact: VRP Program - 2703 Martin Luther King Jr Ave SE STOP 7501 Washington, DC 20593-750. Phone: (202) 372-1226. E-Mail: vrp@uscg.mil

(1) Qualified Individual (QI)およびAlternate QIの証明

(2) 契約あるいは合意文書を交わしたOSROの証明

(3) 救助業者(SMFF)の情報と救助契約および資金協定書あるいは合意文書の提出

(4) 33 CFR 155.5023(b)の下で要求される署名済みCertification Statement

Pre-fire planや本船情報が不足している等、証明書がSub-part Jの要求事項を完全に満たしていない場合には、Certification Statementに不足箇所を明記する必要があります。 (Sub-part Jについては、下記アドレスをご参照ください。

2013年12月19日に発行されたMarine Safety Information Bulletin (MSIB) 42-13には、6カ月の猶予期間用のIOAを取得するためのNTVRPの必要最低要件が明記されており、次のアドレスで参照することができます。

http://homeport.uscg.mil and using the following path to find MSIB 42-13:

Missions > Environmental > Vessel Response Plan Program > Non-tank Vessel Response Plans > Important NTVRP Documents.

旧NTVRPの失効日は2014年1月31日

2014年1月14日付で、USCGは、NVIC 01=05 CH-1の暫定規則に基づいた旧NTVRPは2014年1月31日付で失効するという通達を発表しました。これは旧NTVRPの有効期限にかかわらず無効という事です。

Regulation 33 CRF155 Sub-part J (Nontank Vessel Response Plans (NTVRPs))は、NTVRPについての暫定ガイダンス(the interim NTVRP guidance of Navigation and Inspection Circular (NVIC) 01-05 CH-1)に取って代わります。

そのため、2014年1月31日にはUSCGの船舶油濁事故対応計画書プログラムでは、一部2015年まで有効な計画書も含め、その有効期限に関わらず、NVIC01-05 CH-1の暫定規則に基づいて作成された全てのNTVRPは、無効となります。ただし有効と認められるNTVRPは、更新、再検証されたものや、Sub-part Jの規則に完全に準拠していると認められ5年間承認された、あるいは、新たに6カ月間の暫定IOAを発行され、未遵守事項について検証する猶予を認められたものだけです。 新たにSub-part Jに基づき発行される承諾書やIOAには、 "Title 33, Code of Federal Regulations, Part 155, Subpart J."を遵守していると明記されています。


救助・消火活動の契約書(SMFF contract)と資金協定(Funding Agreement)

前回クラブ回覧14/13を発行して以来、救助業者はその協定書や料金を改訂しています。全ての契約書のリストは下記の通りです。

Donjon-Smit - (Tanker and Non-Tank) Version A - October 4, 2013

Donjon-Smit - Consent Agreement for Vessel Response Plans - October 4, 2013

Marine Response Alliance LLC - Version 16 October 2013

Marine Response Alliance LLC - MRA OPA 90 & CA Certificate of Coverage 01 October 2013

Marine Response Alliance LLC - Version 17 January 2014

Resolve Salvage & Fire (Americas) Inc - Version 3 - 1 October 2013

Resolve Salvage & Fire (Americas) Inc - RMG OPA 90 Certificate of Coverage 01 October 2013

Svitzer - USA Companies Version October 1, 2013

Svitzer - INTL Companies Version October 1, 2013

Svitzer Written Consent - Version Oct 2013

T&T Salvage LLC - USA Owner (Tanker and Nontank) Version - 4 October 2013

T&T Salvage LLC - Non-US Owner (Tanker and Nontank) Version - 4 October 2013

T&T Salvage LLC - OPA 90 Written Consent - 4 October 2013

但し、料金については最新のものかどうかは、保証できません。

MARSALV

US Open Form Salvage Agreement (MARSALV)は、ロイズ救助契約書式(LOF)を基に作成され、米国救助業者が、主に米国船主のために救助サービスを提供する時に、使用されているものです。この書式は、国際グループが検証した、OPA90に基づく多くの救助業者との資金協定(SMFF Funding Agreements)に盛り込まれていますが、クラブではMARSALVを承認していないため、MARSALVの下で支払うべき特別報酬に関するクレームは、カバーされません。この書式は、これまでResolve及びMRAとの契約が含まれていましたが、現行書式では、すでにこれは削除されており、国際グループとさらに協議が続いています。

油濁清掃業者(OSRO)契約書 - MSRCとNRC

Marine Spill Response Corporation(MSRC) 及びNational Response Corporation (NRC)の主要油濁清掃業者(OSRO)の契約書のうち、新NTVRP要件に適合したものは、以下の脚注が記載されたものです。

MSRC - September 27, 1996

NRC - September 15, 2004

アラスカ - タンカー以外の船舶にかかる特別施行

クラブ回覧21/13を参照しています。アラスカ西海域を航行する、タンカー以外の船舶に対するAlternative Planning Criteria (APC)については、次のアドレスで、ご覧いただけます。 www.ak-mprn.org

米国の港から又は米国の港へ向け、アラスカを航行するタンカー以外の船舶は、国の要求事項を満たすためAlternative Planning Criteriaに従う事が求められています。現在、Alaska Maritime Prevention and Response Networkに登録することが唯一の選択肢です。しかし、この登録契約書の条件は、国際グループのVRPガイドラインに沿っていません。国際グループの要請により、登録契約書が改訂されていますので、近々問題は解決すると思われます。国際グループは、Alaska Maritime Prevention and Response Networkとの交渉を、継続して参ります。

同Networkとの契約条件の一つに、漏油事故発生の場合に、Alasaka Chaduxとの契約にQIが署名することについて、船主が事前に権限を与えるという文言があります。Alaska Chaduxの契約条件は、国際グループのガイドラインに沿っていないことを、ご承知おきください。登録契約を希望されるメンバーは、当クラブにお問合せください。

太平洋領域(D14 Remote Zone)における特別施行

1月12日に、USCGはD14 Remote ZoneにおけるAlternative Planning Criteria (APC)のガイダンスを発表しました。これは、アメリカ領サモア、グアム及び北マリアナ諸島の地域です。様々な暫定措置が実施されますので、USCGあるいは計画策定者に、詳細な情報を確認頂くようお願いします。このAPCには、様々な油濁清掃業者(OSRO)が掲載されています。契約要件は、以下の通りです。

アメリカ領サモア

タンカー、ガス船及び400総トン以上の全ての船舶を対象としています。

契約要件は下記の通り:

 現地OSROに加え、NRCまたはMSRCのいずれか

 救助契約または資金協定

対応可能な現地OSROは下記の通り:

 Solar

 Green Ops

国際グループは、Solarの契約書を検証し、大きな問題は無いものの、いくつかの詳細な点についてSolarと協議します。

国際グループは、まだGreen Opsの契約を見ておりません。契約書を入手次第、コメントを発表いたします。ガイダンスでは、この地域での適切な救助業者についての記載はありません。

グアム及び北マリアナ諸島

対象船舶は、タンカー及び燃料又は貨物積載能力が2,500バーレル以上の、タンカー以外の船舶です。

契約要件は下記の通り:

 現地OSROとの契約。NRCやMSRCとの契約は要求されていません。

 救助契約または資金協定

対応可能な現地OSROは以下の通り:

 Guam Response Services Limited (GRSL)

 Oil Spill Response Operations Company LLC(OSROCO)

国際グループは、GRSL及びOSROCOの契約書を検証しました。

OSROCOの契約書は国際グループのガイドラインに沿っています。契約書には下記の脚注が記載されています。

 OSRO Designation Agreement - 20 January 2014

 OSRO Emergency Response Services Agreement, Non-Tank Vessels - 20 January 2014. 

GRSLの契約書は、国際グループのガイドラインに沿ったものではありません。GRSLと契約される船主には、クラブ・カバーから外れるリスクがかかるために、追加保険が必要となる可能性があります。 

ガイダンスには、この地域での適切な救助業者についての記載はありません。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.