QCR Summer 2020 - 4: 船荷証券なしでの貨物の引渡し-国際PIグループ推奨書式によるLOIがback-to-backで作成された場合-裁判所が本船が運航を継続することの重要性を認めた事例

HARMONY INNOVATION SHIPPING PTE LTD対CARAVEL SHIPPING INC (「UNIVERSAL BREMEN」号)([2020] 1 Lloyd's Rep. 206)

事実

本船「UNIVERSAL BREMEN」号は、船主・Tulip Finance Corporation社(「Tulip社」)から、Ausca Shipping HK Ltd社(「Ausca社」)、Harmony Innovation Shipping Ltd社(「Harmony社」)、Caravel Shipping Inc 社(「CSI社」)、Caravel Carbons Ltd社(「Caravel社」)の順で、傭船契約のチェーンにより、傭船の供されました。申立人であるHarmony社は、disponent ownerであり、Caravel社は、傭船契約における傭船者です。インドのNavlakhi Portにおいて、船荷証券無しで石炭の貨物を荷揚げするために、傭船契約のチェーン各々において、back-to-backの形式で、補償状(Letter of Indemnity)が発行されました。9か月後、Gulfにある銀行が、Tulip社に対し、船荷証券の原本を適法に保有する者であると主張し、石炭の引渡しを求め、請求を申立てました。これによりこの申立てにより、貨物の引渡しの無かったこと(mis-delivery)を根拠として、シンガポールにおいて、本船が差押えられました。補償状は、国際PIグループ推奨書式によるものでした。その第3条は、本船が差押えられた場合には、傭船者は、担保を提供するべきことを要求しています。

2019年2月11日、Phillips裁判官は、再傭船者であるCSI社に対してシンガポールでの本船の解放のための担保を提供することを求める仮処分決定を、Harmony社に対し、その一方的な申立てのみにより、認めました。CSI社は、担保を提供することを拒み、貨物が補償状に記名された荷受人に引渡されなかったことを根拠として、仮処分決定を取消すことを申立てました。その後、元来の船主たるTulip社が、Ausca社に対し、同様の仮処分決定を求めました。

判決

Cranston裁判官は、商事裁判所の裁判官として、裁判所は、事実審において船主の主張が認められるであろうという「高度の確信」を有することを根拠として、仮処分決定が認められるべきであるとし、また、仮処分が認められなければ補償状の目的が損なわれるので、これを認めることが適切である、と確認しました。裁判所は、石炭の引渡は、補償状の意図に沿って行われたこと、また、船長は、LOIの文言に従って、貨物の引渡しが行われたことを、合理的、かつ、誠実に、信じていたこと、を認定しました。

裁判所は、損害賠償請求は、補償状第3条を満たす救済方法としては、適切ではない、と判示しました。第1条の一般的な求償と異なり、第3条は、差押えられた船舶が、運航を継続するため開放されるために、担保が提供されることを特に、確実にすることを目的とするものです。

Phillips裁判官の決定を取消すことを求めた再傭船者の申立ては却下され、船主により申立てられた仮処分が認容されました。

コメント

本件は、本QCRにレポートされているMiracle Hope号事件判決と同様に、差押えられた船舶が早急に開放されることを確保するための担保を提供しようとしない、強情な傭船者に対して、補償状に基づく権利を実行することを求める船主に対して、緊急的な救済策を付与することの重要性を強調するものです。それは、上記のような状況にある船主に対して、実務上、極めて重要な意義を有するものです。特に、補償状に基づき貨物が引渡された場合の非引渡しの請求については、標準的なPI保険ではカバーされず、多くの船主が、現金の裏付けのある保証を立てなければならないという嫌な主張を受け、又は、傭船者に対する緊急の救済策が得られなければ、その船が差押えにより弱体化していく、という事態に陥ることになるからです。

以上

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.