QLU Spring 2018- 4: アテネ条約の下での運送の定義

QLU Spring 2018- 4: アテネ条約の下での運送の定義

Collins v Lawrence [2017] EWCA Civ 2268

事実

本件原告は、被告が所有する船で釣りを行いました。下船するためには、あるビーチへボートを乗り上げ、自立型で半永久的な階段を使用してビーチに降りるのが、一般的な方法でした。この下船のための装置、すなわち階段は、被告によって提供されたものでした。申立人は、下船中に怪我をし、人身傷害の損害賠償を請求しました。

このクレームでは、運送(Carriage)とは、「旅客及びその手荷物が船上にある間又は乗船・下船中の期間をさす。...但し、旅客に関しては、運送は、港湾ターミナル、発着所、桟橋、又はその他の港湾施設内にいる期間を含まない。」と定義する、1974年の旅客及びその手荷物の海上運送に関するアテネ条約の2002年議定書による修正版(以下、「アテネ条約」)の第1条8項の下での、運送(carriage)の定義が焦点となりました。本件の第一審での裁判官は、原告が海岸で安全に存在することになるまで、下船が完了していない、と指摘しました。したがって、アテネ条約が適用され、本クレームは2年間の提訴期限に基づき、時効とされました。申立人はこの決定に対して上訴する許可を求めましたが、棄却されました。

判決

英国控訴院は、第一審の判決を支持し、アテネ条約に基づく下船のプロセスが、船舶から岸辺の安全な場所に移動する期間全体をカバーしており、被告によって提供された下船を助けるための装置、即ち本件においては階段、を使用している間、その人はまだ下船中であったと認めました。 したがって、控訴院は、第1審の裁判官を支持し、アテネ条約に基づくクレームであること、またそのため、本請求は時効にかかっていることに合意しました。 控訴院は、本件請求は、乗客が本船のタラップを使用する場合や、本船のテンダーボートで陸に移動する状況に類似しているとし、他方、この状況は、下船の際に港湾設備が使用される状況とは異なるものとしました。

コメント

本件は、アテネ条約の下での「運送」の定義を明確にした有益な判決です。 また、本件に関連してJennings v TUI UK Limitedおよび「Norwegian Jade」[2017] EWCA Civ 2222と併せてお読みいただくことを推奨します。

これらのケースに関するクラブの記事は、以下のリンクからお読みいただけます。

“Legal Update: key ruling on the definition of “carriage” under the Athens Convention”:
https://www.ukpandi.com/knowledge-publications/article/legal-update-key-ruling-on-the-definition-of-carriage-under-the-athens-convention-142326/

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.