QLU Winter 2017/18 Feb-02: “Cape Bonny”号事件 - 荷主に対する共同海損の分担請求について、本船のエンジン故障に関し、ヘーグ・ヴィスビー・ルールに基づく船主の注意義務を明確化し、船主の請求を棄却しました

QLU Winter 2017/18 Feb-02: “Cape Bonny”号事件 - 荷主に対する共同海損の分担請求について、本船のエンジン故障に関し、ヘーグ・ヴィスビー・ルールに基づく船主の注意義務を明確化し、船主の請求を棄却しました

エンジンの故障に関し、ヘーグ・ヴィスビー・ルールに基づく船主の注意義務についての明確化

Tankschiffahrts GmbH & Co KG v Ping An Property and Casualty Insurance Co of China Ltd (The “Cape Bonny”) – QBD (Comm Ct) (Teare J) [2017] EWHC 3036 (Comm) – 4 December 2017

事実


2011年7月14日、アルゼンチンから中国向けの航海中、「Cape Bonny」(「本船」)というオイル・タンカーで、エンジンが故障しました。その時、本船は、Ma-onという台風を避けようとしていました。曳船の補助が求められました。2011年7月18日、本船は、「Koyo Maru」という曳船に曳航されました。本船は、避難のために日本の港に入ることを許されず、また、中国の港でも、その貨物を荷揚することも、許されませんでした。従って、本船は、韓国に曳航され、貨物は、その後の荷揚のため、別の船に移されました。別の台風が近づいたため、本船は、再度、曳航され、韓国の領海から出ました。本船は、その後、曳航から解かれ、2011年8月9日、修理のため、岸壁に接岸されました。

共同海損が宣言されました。本件での被告は、船主の利益のために、荷主を代理して、共同海損保証状を提出しました。その後の精算により、貨物側の負担は、約2百万1千ドルと認定されました。

被告は、ヨーク・アントワープ規則のルールDに基づき、保証に基づく責任を否定しました。被告は、本件事故は、船主側に認められる提訴可能な過失に基づくものである、と主張しました。

判決

Teare判事は、事実に関し、7名の証人から証言を聞き、また、技術的な事項について、4名の専門家からも証言を聞きました。

船主は、本船は、その潤滑油の系統に金属破片が存在していたから、航海の開始時において不堪航であったことを認めました。ヘーグ・ヴィスビー・ルール第3条第1項によれば(左のルールは、本件運送契約に摂取されていました。)、船主は、航海の開始時、または、その前において、船舶の堪航性を維持するため、適切な注意義務を尽くしたことを証明しなければならない、と規定されています。

船主は、本件は、2005年に本船が建造された時から残置された溶接くず(weld slag)という、隠れた瑕疵により、No1ベアリングに対して、突然、大規模な損傷が発生したことによるエンジン・トラブルであるから、第3条第1項に基づく義務を尽くしていた、と主張しました。

しかしながら、Teare裁判官は、船主の上記の説明を、ありえないものとして、却下しました。裁判官は、2011年7月のエンジン故障の原因は、フィルターにより潤滑油系統から除去されるべき外部の粒子が、そのフィルターが損傷していたために除去されず、その粒子がNo1ベアリングを損傷させたものである、と判示しました。船主は、航海の開始前に、本船の適切な検査を怠ったものである、と判示されました。 しかしながら、Teare裁判官は、適切な検査が行われていれば、そのような外部の粒子を必ず探知できた、とまでは結論づけることが出来ませんでした。従って、注意義務を怠ったことは、エンジンの故障の原因とはいえない、と結論づけました。

上記の判示にもかかわらず、裁判所は、慎重な機関士や監督者であれば、船員により検知された、説明の難しい、クランクの大きな変形を認識し、それに従って行動していたであろう、と判示した。それをなさなかったことは、注意義務を尽くさなかったものであり、その後のエンジンの故障の原因である、と判示しました。この船主側の訴追しうる過失の結果として、荷主は、共同海損分担金を負担する責任を免れることになります。

船主の請求を棄却しながらも、Teare裁判官は、(傍論として)損害額について、審理しました。

船主は、書籍「Lowndes & Rudolf」のヨーク・アントワープ・ルールのルールAに関する記述に依拠しました。それは、犠牲、または、費用は、反対の証明がなされない限り、合理的なものとみなされる、としています。船主は、従って、被告側に、請求額が不合理であることを証明する責任がある、と主張しました。

しかしながら、被告は、共同海損において、損失、または、費用が適切に認められることを、請求する側が立証責任を負うとする、ヨーク・アントワープ・ルールのルールEに依拠しました。これにより、被告は、立証責任は船主側にある、と主張しました。

この点に関する先例は、今のところ、ありません。Teare裁判官は、費用が合理的に発生したものであることを証明する責任が、船主側にある、という見解を示しました。裁判官は、上記の結論に至るについて、ルールEとパラマウント条項に依拠しました。ルールEは、合理性の問題については、明確に触れてはいないものの、その問題に及びうる一般原則を示しています。パラマウント条項は、明確に、共同海損において負担を求める者は、費用、または、犠牲が合理的に生じたものであることを主張し、従って、証明しなければならないことを示しています。

コメント

共同海損の事例は、商業裁判所には通常、提起されません。Teare裁判官は、ヘーグ・ヴィスビー・ルールに基づく船主の義務と責任に関するキー・ポイントを、有益にも、明確にしてくれました。裁判官は、また、傍論ながらも、請求される費用が合理的か否かを決定するための、ヨーク・アントワープ・ルールのルールAとルールEに基づく立証責任をどの当事者が負うか、についても、有益なガイダンスを提供してくれました。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.