Date: 28/06/2018
本船(タンカー)は、2船間移送(STS)で石油製品貨物を積載するため、沖合いに錨泊した。 貯蔵船に係留後、カーゴタンクの検査を終え、事前積荷チェックリストでチェックを完了した。フレキシブルカーゴホースがSTS作業会社から供給され両船のマニホールド間に接続された。
Date: 22/02/2018
船種: バルクキャリア  事故の概要: 本船が積荷の穀物を荷揚げしていたとき、激しい雨が降り始めたため、水濡れに弱い貨物取り扱いの慣例に従い、貨物艙のハッチカバーを閉めることとなった。ハッチカバーは油圧作動のフォールディングタイプ(ヒンジパネル)であったが、カバーを閉める作業中に主油圧供給ラインが破裂して油が上甲板に吹き付けられた。その後上甲板の側面に沿って雨水と共に油が後方に流れた。
Date: 26/07/2017
船舶の補油作業にあたり、安全管理システムの履行を怠り、バンカリング・チェックリストにチェックはしたものの、実際に確認作業をしなかったために発生した漏油事故を事例に教訓を考察しています。

Emergency Contacts


If you need to call our offices out of hours and at weekends, click After Office hours for a up to date list of the names of the Duty Executives and their mobile phone numbers. 

Ship Finder


This Ship Finder is updated on a daily basis. Members who need to advise the Club of updates to their recorded ships' details should advise their usual underwriting contact.

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.