1987年以来、「何が起きていたのか」を考える意識を高めるため、また最前線で働く人々にこの情報を役立てていただくため、UKクラブはクレーム処理の経験を駆使し、船主責任クレームの原因を分析することに重点を置いてまいりました。この多くは、その時々のクレーム動向についてその時代に即したアドバイスという形で行われてきました。

UKクラブはこの度、この経験により焦点をあてて駆使することにより、そのリスク査定システムを、多くの検査制度で適用されているコンプライアンス重視の形ではなく、「クレーム削減」を重視した形に改善しました。

UKクラブは、過去20年間のクレームを分析し、RISK = FREQUENCY x CONSEQUENCE (リスクは危険事象の発生頻度とその結果の関数である)という公式に当てはめ、多くの危険、脅威、結末を特定し、さらにクレームの原因と防止の上でコントロール可能な要因を特定しました。


この分析とクレーム担当者やシップ・インスペクター、アンダーライターの経験をもとに、UKクラブは賠償責任クレームを引き起こす76の主要な“脅威(Threat)”と、事故を引き起こす脅威となる可能性を軽減させる450の“制御策(Control)” を定義しました。

A乗船検査では、これらの脅威/制御策を評価し、記録する構造化システムを使用することになりました。これにより、より科学的なクレームの防止/制御のアプローチを取ることができます。
やがて、このシステムは、リスク管理をより効果的に行うため、自社の安全システムにより焦点をあてたアプローチを開発するメンバーを援助する際に、傾向やベンチマークを示してくれるでしょう。

下の画像をクリックすると拡大します。

特徴

  • P&Iの分野における海上でのロス・プリベンションへのユニークで最も効果的なアプローチ
  • 既知のリスクの脅威に基づいた積極的な戦略的アプローチ
  • ロス・プリベンションとクレームハンドリングの両方の経験を統合
  • 20年以上にわたる大規模なクレーム分析を、クレームの「脅威」を特定し定量化するために使用
  • クレームハンドラーの経験により、特定された主要な脅威を取り巻く環境要因や環境悪化の詳細な洞察を提供
  • 20年以上にわたるシップ・インスペクションおよびロス・プリベンション活動からの知識基盤により、リスクまたは脅威の経路の特定を可能に
  • リスクプロファイリングとベンチマーキングにより、船主にパフォーマンスの指針を提供
  • 構造化され、反復可能、クリアで簡単に更新が可能

利点

  • 高額クレームにつながる根本原因に対処するための船主や船舶オペレーターへの戦略的なガイダンスとなる
  • 現実の事例を定量化することにより、船主やオペレーターに、リスク管理やロス・プリベンション活動に相応の投資をしやすくする
  • 詳細なレポートにより、フリート内やオペレーション部門間での情報共有が可能となり、協力と効果が高まる
  • アプローチの一貫性が、長期的かつ持続的なロス・プリベンション活動を促進する
  • PSCコンプライアンスを支援することで、プロセスをスピードアップし、船舶の遅延や寄港の際の船長や乗組員の負担を軽減する
  • アプローチの透明性は、船主やオペレーターが顧客、請負業者、代理店、およびその他関係者に優れた実践を示せる

緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。