傭船者の汚染責任

傭船者は、さまざまな面で海洋汚染に対する賠償責任に晒されています。

油濁民事責任条約(CLC)の下で、タンカーの油濁クレームは登録船主にのみに向けられており、船主の加入するP&I保険がカバーしています。 しかし、すべての管轄区域がCLCを認めているわけではありません。 船主は傭船者に対して償還権を持つ可能性があります。

また、米国や日本など一部の地域では、傭船者は船舶による汚染に対し、直接かつ厳格責任を負う可能性もあります。

1990年米国油濁法(OPA)は、「船舶の所有、運営または裸傭船する者は、誰であれ責任を負う」と規定しています。 米国の各州(例えば、アラスカ、カリフォルニア、ワシントン)は独自の法律を制定しており、ほとんどの州は油の「輸送者」、「管理者」、「責任者」をターゲットにしているため、定期傭船者もリスクにさらされています。

緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.