01/13 - 合衆国油濁条項にかかわる2013保険年度タンカー追加保険料

アウトライン

  • 持続性油を輸送するタンカーの合衆国航海にかかる追加保険料システムは2013年度も継続されます。
  • 保険料率は15%引下げられました。 

組合員各位

合衆国油濁条項にかかわる2013保険年度タンカー追加保険料

「持続性油」を合衆国向けあるいは合衆国から輸送するタンカーの、合衆国航海にかかる追加保険料システムは2013保険年度も継続されることになりました。

2013年度新レートは下記の通り、15%引下げられています。

2013年2月20日付の合衆国油濁条項の本文はクラブ保険約款補則に記載され、当該船舶の加入証明書に記載されます。また、従来どおり「船舶による汚染防止のための国際条約1973/1978」(MARPOL73/78)第13条付則1の規定要件を満たすバラスト専用分割タンク(SBT: Segregated Ballast Tanks)を装備したタンカーに対しては低額レートが適用されています。

Non-SBTSBT
(A) Tankers of more than 1,000 gt LOOP or lighteningUS$0.0405
US$0.0202
US$0.0337
US$0.0169

/ton  

/voyage

(B) Tankers of 1,000 gt or lessUS$41
US$820
US$34
US$680
/voyage /annum
(C) Parcel tankers carrying less than 5,000 metric tons of persistent oil as cargoUS$122US$304/voyage
(D) Parcel tankers carrying 5,000 - 9,999 metric tons of persistent oil as cargo US$304US$253/voyage

Downloads

Staff Author

PI Club

Date2013/01/29