2018年2月期決算概要

2018年2月期決算概要

2018年の理事会報告及び決算概要が発表されました。財務諸表は当クラブウェブサイトをご参照ください。

2017 was a good year for the Club. The underwriting surplus of $29 million was the largest in recent years. This, when coupled with a strong investment return of over $43 million, delivered a total surplus of $72 million. After adjusting for forward currency contracts, the Free Reserves at 20 February 2018 increased by $82 million to $540 million.

Preserving underwriting discipline continues to be a key financial objective of the Club. The combined ratio for the year of 90% brings the average combined ratio for the last 5 years to 99%. Premium rates across the market have steadily declined over recent years. Although financial year combined ratios have remained strong, the pressure on policy year results is increasing. It remains, therefore, essential that the Club stays focussed on maintaining breakeven underwriting. At 20 February 2018 the Club continued to meet all capital targets and hold an appropriate buffer which is designed to avoid a breach of any target even in an extreme event.

The Club holds Free Reserves of $540 million with a further $100 million in hybrid capital.

The Review of the Year is available to download as a pdf along with the assets and income tables which are an excerpt from the full Directors’ Report & Financial Statements for the year ended 20th February 2018.

Financial highlights

Translations


Date: 15/08/2018
Download:
本ソルベンシー財務状況報告書(SFCR)は、UKバミューダ・クラブ(UKB)及びUKヨーロッパ・クラブ(UKE)で構成されるUKクラブ・グループのガバナンス態勢、リスク・プロファイル、ソルベンシ―評価、そして資本管理について記載しています。
Date: 25/06/2018
Download:
理事会報告書及び2018年2月20日終了年度の決算書が発行されました。

Pre 2018 Financial Statements

Past editions of the Club's financial reports are here.

2017年ソルベンシー財務状況報告書(グループ・ベース)

2017年ソルベンシー財務状況報告書(グループ・ベース)

本ソルベンシー財務状況報告書(SFCR)は、UKクラブ・グループの業務・業績、ガバナンス態勢、リスク・プロファイル、ソルベンシ―評価、そして資本管理について記載しています。

これらの事柄について最終的な管理責任を負うのは、当クラブの理事会であり、業務を監視し管理する様々なガバナンス態勢や管理部門がこれをサポートしています。

UKクラブの連結ソルベンシー資本要件(SCR)は標準フォーミュラで算出しています。当グループでは、グループ子法人であるUKヨーロッパ(UKE)がすでに承認を得ている内部モデルを、グループ全体のSCRの計算に使用すべく承認を得ることを希望しています。

SCR算出の目的において、クラブ全体の適格自己資本(Eligible Own Funds)の合計は、6億3700万ドルとなります。これはUKヨーロッパ(UKE)が算入することのできる監督当局承認済みの付随的資本(AOF: Ancillary Own Funds)を含んでいます。

UKEが算入できる付随的資本(AOF)とは予定外保険料(Supplementary Call)の徴収についてUKEが保有する資本要素を表わしています。
UKEの資本残高は親法人であるUKBの勘定となりますが、上記要素はグループ・ベースの適格自己資本には含まれていません。グループとしてAOFが承認されれば、AOFが全額適用できるため、Tier2適格資本は1億4800万ドル増加することとなります。

当グループの適格自己資本は、ソルベンシー資本要件(SCR、3億7500万ドル)の169.9%であり、グループの最低資本要件(MCR、4,040万ドルの1500.4%に上ります。


IRS Closing Agreement

The UK Club has entered into a closing agreement with the United States Internal Revenue Service (IRS). This closing agreement secures exemption for the Club from Section 4371 Excise Tax, which applies to insurance premiums paid to a foreign insurer or reinsurer when the exemption is based on the provisions of an income tax treaty to which the United States is a party. The UK Club is now listed on the IRS website as a party to a closing agreement with the IRS.

For more information on the IRS closing agreement, please see the IRS website http://www.irs.gov/Businesses/International-Businesses/Exemption-from-Section-4371-Excise-Tax

緊急連絡先


営業時間外や週末にUK P&Iまでご連絡される際は、"After Office hours"をクリックしていただき、最新の担当者リストとその携帯電話番号をご参照ください。

シップ・ファインダー


この加入船舶検索機能「シップ・ファインダー」は基本的に毎日更新されています。船舶の登録情報を更新されたいメンバーは通常コンタクトしている保険引受け担当者までご連絡ください。