回覧11/22: EU の第8次対ロシア制裁パッケージ

2022年10月6日、EUはロシアのウクライナに対する継続的な軍事侵略に対応し、第8次対ロシア制裁パッケージを採択しました。

数多くの規則と決定が発表されました(詳細はこちらからご覧ください)が、クラブおよびメンバーの皆様にとって特に重要なのは、理事会規則2014/83をさらに改訂した理事会規則(EU)2022/1904(「規則」)です。

新たに追加された数多くの個人・団体の資産凍結とともに発表された、海運に特に関連する規定を以下にご説明します。

ロシア船級協会

ロシア船級協会は、規則 附属書XIXにて記載されたロシア国有企業リストに追加され、第5aa条で定めた制限の対象となりました。そのため、EUの事業者は、ロシア船級協会との直接または間接的取引が禁止されます。しかしながら、2022年10月7日以前に締結された契約または、その契約の履行に必要な付随契約の履行を可能にするために、2023年1月8日までの段階的縮小期間(wind-down period)が認められています。

それに加え、第3ea条に基づき、2023年4月8日以降ロシア船級協会によって認証された船舶はEUの港に寄港できないため注意が必要です。

鉄鋼製品

第3g条に基づき、附属書XVIIに記載の鉄鋼製品は現在、EU域外を含むすべての国への輸送が禁止されていますが、輸送禁止とされる鉄鋼製品の範囲が大幅に拡大されました。

また、附属書XVIIに記載の鉄鋼製品が第三国で加工された場合でも、ロシア原産の鉄鋼を含むものは2023年9月以降輸入または購入が新たに禁止されます。

これらの規定はすべて、保険および再保険サービスを提供するEU事業者に対する取引禁止を含みます。たとえ同規則の直接的な影響を受けないメンバーであっても(例えば、拠点がEU域外である場合など)、クラブは保険カバーを提供できない場合がありますのでご注意ください。

特定の鉄鋼製品に関しては、除外および例外規定が追加されています。

製品リスト

附属書XXIに記載されているロシアに多大な利益をもたらす禁止品目のリスト(第3i条)、ならびに附属書XXIIIに記載されているロシアの生産能力強化を支援すると予測される禁止品目(第3j条)のリストが、大幅に拡大されました。しかし、上記2つの附属書に記載されたもののうち、特定の物品については、2022年10月7日以前に締結された契約または、その契約の履行に必要な付随契約の履行を可能にするために、2023年1月8日までの段階的縮小期間が認められています。

原油および石油製品

今回発表された規則では、ロシアの原油および石油製品(以下、「ロシア油」と総称)の輸送に関して重要な明確化が行われたほか、EUによる対ロシア制裁が、G7による価格上限設定に今後どのように関連するかが説明されました。

ロシアの原油(CNコード2709 00)および石油製品(CNコード2710内で定められたもの)のEU域内への輸送、およびこれらの貨物の輸送に関連する保険・再保険の提供が第3m条によって禁止されているのは以前にご案内したとおりです。しかし、特定の状況下においては、ロシアの原油に関しては2022年12月5日まで、石油製品に関しては2023年2月5日まで適用除外が認められました。

これらの貨物のEU域外への輸送に対する保険・再保険の提供も同様に禁止されています。しかし第3n条により、原油・石油製品いずれの貨物についても、保険契約が2022年6月4日以前に締結されている場合は12月5日までは適用除外が認められています。つまり、石油製品の輸送は許可され得るものの、石油製品への保険・再保険の提供は2022年12月5日以降は禁止されるという状況でした。詳細はEUの第6次対ロシア制裁パッケージについての回覧07/22(2022年7月28日付)をご参照ください。しかし規則によって今回、この問題は解決策が示され、CNコード2710内で定められたロシア製品の輸送に関連する保険・再保険の段階的縮小期間を、2023年2月5日まで延長することになりました。

第3n条(3)は、段階的縮小期間内である2022年12月5日以前のロシア原油の輸送や、2023年2月5日以前の石油製品の輸送に関連したクレームへの保険金支払いが認められ得ることを説明していますが、これは保険契約が2022年6月4日以前に締結され、段階的縮小期間内に保険期間が終了している場合に限ります。

G7による価格上限設定

手短に言うとG7は油価格の上昇を抑制するためにロシア油の世界市場への輸出は維持する一方で、販売価格に上限を設定してロシアが得る収入を制限する仕組みを導入しようとしています。保険会社および再保険会社は、その上限価格以下で販売される貨物の輸送に保険を提供することは認められますが、上限を超えた価格で販売される貨物の輸送に対しての保険の提供は禁止されます。

この仕組みが具体的にどのように機能するか、詳細はまだ明らかになっていませんが、同規則は、この価格上限設定がEUの対ロシア制裁措置とどのように作用し合うかを説明しています。

現在分かっている範囲では、ロシアの原油と石油製品のEU域内への輸送はそれぞれ2022年12月5日と2023年2月5日から禁止されるものの、ロシアから第三国への当該貨物の輸送は許可されます(ただし、EUの保険会社および再保険会社は、輸送のための保険カバーを提供することは禁止されます)。

EUの理事会が価格上限について合意し、修正理事会決定として公表した場合、これらの輸送は施行日以降原則禁止となります。しかしEUの船舶がEU域外へロシア油を輸送することは認められ、EUの保険会社および再保険会社は、1バレルあたりの購入価格が公表された価格上限を超えない場合に限り、EU船舶および非EU船舶によるロシア油の輸送に対して保険カバーを提供することが可能になります。

上限価格が変更された場合は、変更日以前に締結された契約であれば90日間の段階的縮小期間が認められます(その契約が変更前の価格上限を満たしている場合に限る)。

最後に、第3n条で定めた禁止事項は、海上安全のために必要な水先案内人サービスの提供および、附属書XXIX記載のサハリン2プロジェクトから発生した日本への特定貨物の輸送には適用されないと確認されていることをお伝えします。

EUによる制裁が適用される状況は以下の通りです。領空を含むEU領域内、EU加盟国の管轄下にある航空機または船舶上、EU領域の内外を問わずEU加盟国の国民であるあらゆる個人、EU領域の内外を問わずEU加盟国の法律に基づいて設立された法人・事業体または団体、EU域内で事業の全部または一部業を営む法人・事業体または団体

ご質問、ご不明点については日本支店の担当者までお問い合わせください。

Staff Author

PI Club

Date2022/10/11